第79回 目に付いたのは、丹波、ひかみ・氷上・生郷

中学校時代の通学路を車で走ってみると

石生駅裏、一面田んぼだったが、広い道がつき、住宅が建ち並びタウン化している。
b0191932_1502533.jpg

向うに見えるのは福知山線の石生駅
b0191932_1503990.jpg

中学校への近道として通った道が
線路を渡る狭い道がまだ残されていた。
b0191932_1505066.jpg

線路を渡ると農協がある
立派な建物になっている 支店名をみると、何と長い~

「JA、丹波、ひかみ、氷上支店、生郷店」とある。

歴史がしっかり刻み込まれていますね。
「生郷」という文字をまた目にするとは思いもしなかった。
b0191932_151028.jpg

ここを下って行った所に、牛市場がありそこを通り抜け通学したのだが
b0191932_151824.jpg

フェンスで閉ざされ通行できない。
畜産センターとなっている。
b0191932_151419.jpg

振り返って景色を見ると左側に本屋さんがみえる。

この緩やかな下り坂で自転車乗りの練習をしたものです。

友と二人、父親の男乗りの自転車を持ちだし
棒(フレーム)の下、三角形のところへ足を込れ横からペダルを踏む
小学3~4年生の女の子が乗るには棒(フレーム)をまたぐこともできない
足がとどかない。
さらにチェーンはむきだしになっていて時どき外れる
歯車にチェーンを掛け、ペダルを回し、はめ込みながらの練習

婦人用自転車や子供用自転車など見かけることは、ほとんどなかった。
今思うと・・・曲芸師のような乗り方で、上手く走れたものだ
転びながら、足を擦りむきながら頑張って練習した思い出の道

下図の自転車のように
スマートじゃない、チェーンがむき出しで、ボロで重たかった。
  
b0191932_23504970.jpg

[PR]

by kinoko-yo-yo | 2014-04-26 07:36 | ふるさとの町 | Comments(0)  

<< 第80回 豪雨う災害 第78回 ふるさとの町を走る >>