<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

第23回 書をみる

中兵庫信用金庫石生支店にて書道教室の作品展

ふるさとへ帰ってくるのは年に2~3回ですが
知人の作品が展示されていると聞き観に出かけました。
歌集 「氷上回廊」 の短歌を書で表されたそうです。

b0191932_19582668.jpg


b0191932_10473161.jpg


b0191932_1048228.jpg


b0191932_17104271.jpg


私には書道の心得はなく書けないのですが、みなさまの作品を拝見させていただき、それぞれに趣のある作品、ゆったりと心安らぐひとときを過ごさせていただきました。
美しい書の芸術 すばらしいですね!! 
   風信書道会石生教室 会員様書
[PR]

by kinoko-yo-yo | 2011-09-03 11:32 | 氷上回廊 | Comments(0)  

第22回 施餓鬼供養

施餓鬼供養

鳳翔寺檀家の方が大勢きておられます。傘と履物が上り口に並んでいます。
b0191932_1640429.jpg


お寺の山門をくぐると 野菜をお供えして祀られていますが
布に書かれた語は何を意味するのでしょうか?


b0191932_10492541.jpg


調べてみましたところ・・・
禅宗の 『施餓鬼―甘露門(かんろもん)』 というお経の初めに出てくるようです。

b0191932_1050375.jpg


若人欲了知(じゃしんにゅーりょうしー) 三世一切仏(さんしーいしんふー)  応観法界性(いんかんはかいしん) 一切唯心造(いっさいゆいしんぞう)・・・・とあるようです。


「一切」とは、すべての現象、存在を意味し、「唯」とは、ただそれだけ(・・・・・・)のこと、私たちの周囲のすべての存在現象は「心」の働きであり、「心」が造り出したものにすぎないというわけです。すなわち、あらゆる存在は心より現出したものにほかならず、心のほかに何物も存在しないのです。
と言ったことが(臨済宗、黄檗宗サイト)に詳しく掲載されていますのでご覧下さい。

地獄も極楽も所詮、心の中にあったわけで
心が造り出したものにほかならない
というお話です。

地獄の生き方をするか、極楽の生き方をするかはその人次第です。
苦しい生き方よりも 人生楽しんで生きたいですね。

[PR]

by kinoko-yo-yo | 2011-09-02 17:38 | お寺 | Comments(0)